簡単!安い!うまい!おれ流1人暮らしカレーレシピ大公開

IMG_2194

スポンサーリンク
1

1人暮らし漢料理「キーマカレーっぽいカレー」

1人暮らしを始めてはや4年、これまでに数々の創作簡単レシピを作ってきた僕ですが、
めちゃくちゃ前に買ったカレールウの賞味期限がピンチだということで、カレールウを

消費することができる料理を作ってみました。

この前インドに行ってカレーのおいしさと、多様性、奥深さに感動した僕が帰国後最初に作ったそのカレー料理は、題して「キーマカレーっぽいカレー」です。

キーマカレーっぽいカレーの気になる作り方は?

カレールウのおかげか僕の腕のおかげか、なかなかおいしくできたので今回作ったキーマカレーっぽいカレーのレシピを公開したいと思います。

割と安いし簡単なんでじゃんじゃん作ってみてください。

用意するもの(ごはん1.5合分で2皿分作る場合)

IMG_2169

  • カレールウ ちっちゃい塊2つ 50円くらい
  • 玉ねぎ 1個 68円
  • ひき肉 285g 308円
  • ごはん 1.5合 0円(実家から支給されているため)
  • 油 ちょっと
  • 包丁
  • フライパン
  • まな板

2人前426円、1人前213円の超格安です。

僕は一応スポーツマンでけっこう食べるんで、女性の方なら3か4人前になるかもしれないです。

ちなみに賞味期限がぎりぎりだなーと思い続けていつの間にか2か月経過していたカレールウですが、実際の賞味期限はこんなかんじでした。

IMG_2170

まあ、これくらいなら大丈夫です。

賞味期限はおいしく食べることができる期間のことですから。

手順1:玉ねぎをみじん切りっぽく切る

IMG_2171

玉ねぎの皮を剥いて洗って、みじん切りっぽく切ります。

正しいみじん切りのやり方が分からないので「みじん切りっぽく」という曖昧な表現になっています。

小さくなればいいので、適当にばさばさ切っていきます。

IMG_2177

ぼくはこんなかんじのところで技術と体力の限界がきて諦めました。

わりと大きいです笑

手順2:ひき肉を炒める

IMG_2182

フライパンに油を引いて、ひき肉を炒めます。

下みたいなかんじになるまで、かたまりをつぶしながら炒めます。

IMG_2184

手順3:玉ねぎと水を入れてぐつぐつ

ひき肉を炒めたらそこにさっきの玉ねぎを投入します。

さらに、ここにコップ1杯分の水をいれて10分ぐらいぐつぐつします。

僕はyoutubeで2014年のワールドカップゴール集を観てぐーたら待ちました。

IMG_2185

手順4:主役のカレールウ投入

10分ほどぐつぐつすると、玉ねぎの食感がちょっとしなっとしてくるので

そこで間髪入れずにカレールウを投入します。

IMG_2188

ぼくは2個にしましたが、好みでいくつでもいいと思います。

あとは、ルウが完全に溶けるまで2分くらい混ぜ続けるだけです。

IMG_2190

手順5:盛りつけ

おいしそうに盛りつけて出来上がりです。

IMG_2194

まとめ

今回はキーマカレーっぽいやつを作りました。

手順は

  1. 玉ねぎを切る
  2. ひき肉と玉ねぎを炒めて水を投入10分程待つ
  3. カレールウを入れて混ぜる

という超簡単な3ステップです。

しかも、1人前213円以下という格安!

市販のカレールウのおかげでほとんど失敗がないと思うので

ぜひ一度試してみてください!

僕はカレールウ残り6個を使い切るまでカレーっぽい料理を研究していきたいと思います!

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1