ATMが!クレジットカードも!現金こそ全てなキューバのお金事情

cuba-atm

2015年7月に54年ぶりにアメリカとの国交を回復したばかりのキューバ。

西側諸国との交流がほとんどなかった”鎖国”状態が長かったため、いまの僕たちの生活では当たり前のものがないことも多いです。

例えばインターネット、車、電化製品などです。

そんななかで、旅人のぼくがかなり困ったのが、クレジットカードについてでした。

クレジットカードが使えないと噂はされていたものの、いまの世界でクレジットカードが使えへん国なんてある訳ないやろと、

まるで売れっ子芸人のような分かりやすいフリをかましていったときのことを思い出していきます。

スポンサーリンク
1

キューバのクレジットカード事情

結論から言います。

基本的に、キューバでクレジットカードは使えません!

ぼくは10日間ほどキューバに滞在しましたが、

キューバでクレジットカードが使えているシーンを見たことがあるのは、空港の免税店だけです。

あとのお店では、外国人向けの高級ホテルとかでないと使えないと思います。

ぼくのような貧乏バックパッカーがいく宿やお店、レストランでは全くつかうことができませんでした。

だから、入国の際の両替はクレジットカードが使えないことも見越して少し多めにするなどの対策をした方がいいと思います。

といっても、現金で大金を持つのは危険でもあるのでバランスが大事ですが。

キューバのATM事情

旅の途中、現地の通貨をATMのキャッシングでゲットしている人は多いと思います。

ぼくもその1人です。でも、キューバではその考え方は少し危険であることを知っておいてください。

では、キューバにはATMがないのか?

キューバにはATMがないとの噂も聞いていましたが、実際にはATM、あります。

田舎の方はない所もありますが、少なくともハバナ、バラデロ、トリニダーにはありました。

観光地の通りを歩いていれば見つかる程度にはあります。

ただし、使えるカードの種類が限られているという欠点があります。

ぼくの場合、VISAカードの楽天カードとエポスカードを1枚ずつ持っていってハバナ2カ所とトリニダー1カ所の計3カ所でキャッシングを試みましたが、

成功したのはエポスカードのみでハバナ1カ所、トリニダー1カ所の2カ所だけでした。

周りの欧米人の観光客の人たちもキャッシングできない人が大勢いました。

ただ、周りを見ていて気がついたのは、基本的にVISAカードの人はキャッシングに失敗しているということです。

VISAのシールはATMには貼られていませんでしたが、MASTERCARDのシールは貼られていました。

そのため、MASTERCARDの人はかなりの確立でキャッシングに成功していたように思われました。

ちなみに、なぜクレジットカードが使えないことが多いのかというと、クレジットカード会社の大手はアメリカの会社が多いことが影響しているそうです。

キューバはアメリカとのケンカが長かったことから、アメリカのものの流入が遅いためです。

とまあこんな感じで、ぼくはどうせ使えるだろうと思ってVISAカード2枚で来てしまいましたが、もしキューバに行くならVISA、MASTERCARD、JTBの3枚持ちとかにすることをお勧めします。

ちなみにぼくのキャッシングエピソード

ほんとにちなみになんですが、ぼくの3カ所でのキャッシングエピソードをお伝えしたいと思います。

1カ所目:ハバナ:失敗

ハバナの旧市街地の目抜き通りである、オビスポ通りにある5台くらい連続で並んでいるATMで、キューバキャッシング初挑戦。

楽天VISAカードから始まり、途中でエポスカードに代え、かれこれ7,8回ATMにカードを出し入れしました。

しかし、無情にもエラーの嵐であえなく断念。

きれいなATMが5台も並んでるのに全然使えへんやんと思いながら立ち去る。

2カ所目:ハバナ:成功

オビスポ通りに入る手前の広場の近く銀行前の1台しかないATMでチャレンジ。

太陽が沈んで、あたりが暗くなってきたちょっと怖い時間帯。

この時も2枚とも試して自分の後ろに長い列ができていることを背中に感じながらも5回目くらいでエポスVISAカードが成功!

1人でガッツポーズをかます。

3カ所目:トリニダー:成功

トリニダーの銀行前の2台あるATMでチャレンジ。

朝イチで行ったら観光客も地元の人もいてめっちゃ込み合ってた。

銀行は入場制限かかってたし。基本地元の人は銀行の中に入ろうとしてて、観光客は外のATMに並んでる感じでした。

ぼくもATMの列に並んで待つけど、ATMに近づくにつれてキャッシングできずに帰っていく人が多いことに気がつく。

お金出てくることが珍しすぎて、キャッシングできた人は「お金出てきたぞー」って周りに人に自慢するくらい。笑

キャッシング成功した人にはほかの人がコツとかどこのカードつかってるのかとか聞いてた。笑

ぼくの番までにMASTERCARD優位は分かってたけど自分にはVISAしかないから、長蛇の列のプレッシャーを感じながら

いつも通りVISAをぶち込むことこれも5回目くらい、「SUCCESS」の文字が浮かぶ。

って感じのキャッシングでした。

まとめ

基本的にキューバでクレジットカードは使えないと思っておいた方がいいです。

特に、お金の調達をキャッシングのみに頼るのはなかなか危険な行為だと思います。

現金を多めに用意しておくとか、はやめはやめにATMをまわるなどしておかないと、ぼくみたいに「ここでキャッシング成功できないと家に帰れない!」って事態になりかねません。

また、カードはVISAだけでなく、MASTERCARDとJCBカードも合わせて持つことで、クレジットカードを使用できる可能性を広げておくことをお勧めします。

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1