【保存版】格安旅するなら値切り方を知らないと本物じゃないぞ。露天でもタクでも使える値切り方を解説する

shop-discount

旅をしていると絶対にボラれる瞬間がやってきます。

というか、出会う人出会う人この日本人からいくら取れるかしか考えてないと言っても過言ではないです。

そのへんの客引き、タクシーの運ちゃん、露天商のおっちゃん、みんなあなたが外国人とみるや否や法外な値段をふっかけてきます。

そんなある種詐欺ともいえるレベルでボラれないようにするためには、値切り方を知っておかなければいけません。

今回は、どこでも使える値切り術を細かく解説していきたいと思います。

ぼくの値切り戦歴

そこまででもありませんが、一番大きく値切ったのは、

モロッコで一目惚れした革製のカバンを700DH(7,000円)から200DH(2000円)と日本のガム、ペンセットまで値切ったときです。

こんな感じで、露天で買い物するときは必ず、あとはメーターのついていないタクシーでも必ず価格交渉と値切りは必要です。

これができないと、2,000円で買えるカバンを7,000円で買うハメになります。

これが王道値切り方だ

いままでのぼくの経験の集大成として、この値切りバイブルを伝授します!

なにか具体的に欲しいものがあると説明しやすいので、今回は現地の相場が200円の「ツナ缶」を買うと仮定して説明します。

ただ、この値切り方は、何かモノを買うときでも、タクシーに乗るときでもどんなときでも使えるので安心してください。

①相場を知る

まずはツナ缶の現地価格はいくらなのかを知ります。

現地の適正価格を知ることで、自分がボラれているのかいないのかの判断ができるようになるためです。

現地価格を知る方法としては以下があります。

  • 現地の人に聞く
  • 店主に呆れられるまで値下げを粘る

現地の一般の人とか警察官とかに聞くのは割と確実な方法です。彼らが普段いくらでツナ缶を買っているのかを聞くだけです。

また、ツナ缶はたくさんのお店で売っているので、そのお店のひとつでとにかく値切りまくって追い出される価格はいくらかを調べます。

するとどの方法を使ってもツナ缶はだいたい200円くらいのものだとわかります。

②値段を聞く

ツナ缶の現地相場がわかったら、つぎは交渉です。

お店でツナ缶を見つけたらまずはツナ缶の値段を聞きます。

すると500円とかの答えが返ってくきます。

ツナ缶の相場を知らないときは、この500円でも安いと思って買ってしまう時がありますが、

相場を知っているときは、これはボラれてるってすぐにわかります。

ボラれてることに気がついたらすぐに値切り開始です。

このフェーズでのポイントは、はじめに自分が価格を言わないことです。
「いくら」って聞くと「いくらなら買う?」って聞かれることがよくありますが、ここでいくらなら買うと下手な値段を言ってしまうと
それを逆手にとって相手が主導権を握られる値切り交渉になってしまいます。

③相場の半額で反撃

とりあえず相場の半額を言います。

いや、相場の半額で買えるわけないやんって思う人もいるともいます。

確かに相場の半額で買えるわけがないんですが、ここで相場以下の値段を出しておかないと後々相場以上の値段で買わされるハメになります。

値段は小刻みに下がっていきます。売値が50円下がったら買値を30円上げてみたいなのを繰り返して両者の折り合いのついた値段でディールです。

だからはじめの段階で相場の金額の200円を言ったとしても、購入価格は確実に200円より上になってしまうのです。

このときのポイントは、相手の値下げ幅よりも小さい幅で買値を上げることです。
相手が100円下げてもこっちは50円しか上げない。
これを繰り返すことで最終的に相手の値引きのほうが多くなります。

④立ち去ろうとする

値切りも佳境にさしかかってくると、店の人も「もうほんまにあかんねん、これ以上は下げられへんわ〜」って感じになってきます。

でもそんなかんじまで追い込めたら上出来です。ここで必殺技を見舞って相手のLPをゼロにしてやりましょう。

必殺技「この値段では買えへんわ〜、ばいばーい」です。

これを使うと店の人から最後の一声が出てきます。もうこの値段でいいから持っていけって言われます。

それが相場価格なら値切り戦争、大勝利です。

まとめ

旅する日本人はどこへ行ってもボラれるターゲットです。

もしあなたが金持ちならボラれても痛くもかゆくもないですが、

ボッた相手は日本人なラボれると思ってまた日本人を狙うようになります。

そうすると新たな被害者を増やす結果となります。

ボラれない値切り方を身につけて、格安旅をより安い旅にしていきましょう。

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1