帰国後1番最初に食べるべき食事はずばり!バックパッカーのぼくのおすすめ

firstmeal

海外からの帰国後に1番最初に食べる食べ物ってなんか特別ですよね。

なにを食べても「帰ってきたー!」って感じがしてなんだか幸せな気分になります。

ぼくの場合、帰ったら初めになにを食べるかは、帰りの空港で荷物検査しているときくらいから考え始めます。

今回は、ぼくの考える、「海外から帰ってきたら1番に食べるべき食べ物」について語りますのでお付き合いのほどよろしくお願いします。

スポンサーリンク
1

ぼくが帰国後食べるもの

ぼくが帰国後1番に食べるものはいつもだいたい同じです。

牛丼です。

それも卵も乗ってない、さらには大盛りでもない、普通のつゆだくです。

ラーメンとかに浮気したこともありますが、やはり牛丼に戻ってきてしまいました。

じゃあおすすめは牛丼ってことでいいの?

ぼくはいつも牛丼をチョイスしますが、おすすめが牛丼ということではありません。

ぼくのおすすめする判断基準に照らし合わせた時に、海外帰りのぼくは牛丼を食べると幸福が最大化されるということです。

帰国後最初の食事の選び方

じゃあ、どうやって初めの食事をえらんだらいいのか。

ぼくは「自分が1番よく食べている味のもの」を食べることにしています。

1番よく食べているものこそが、ふるさとの味であり、おふくろの味であるとおもうからです。

やっぱりそういったものを食べた方が落ち着くし「帰ってきたぞー」って思えて幸せ名気持ちになれます。

つまりぼくにとっては牛丼がふるさとの味。笑

まあ、実家暮らしの時はわかりませんが、いまは週3で牛丼にお世話になっているので、

ぼくにとって牛丼は日本というふるさとの味であること確実です。

まとめ

海外から帰ったら1番に食べるべきものは「自分が最も食べ慣れた味のもの」である。

その理由は、ふるさとの味が、海外という非日常で知らないうちに緊張していた自分をリラックスさせてくれるためである

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1