【インド】コルカタの空港は深夜も安全?コルカタで空港泊した。

kolkata_airport_stay

コルカタへの飛行機は到着が深夜だったため、夜が明けるまで空港で寝ていました。

コルカタの空港の夜の治安とか心配されてる方もいると思うので、その時のことを書いておきます。

スポンサーリンク
1

空港のどこで寝た?

国際線の到着ゲートから外に出たところに長椅子がたくさん並べられているので、そこで寝てました。

初めは長椅子をまるまる取れなかったので座って寝てましたが、

途中からは長椅子まるまる使って横になって寝てました。

実際コルカタの空港は安全なの?

夜中に全然知らないインドの街を歩くよりは全然安全だと思います。

空港は国の玄関となるため警備がしっかりとされています。

ぼくが行った時は、ヨーロッパとかでテロが連続で起きていた時期で、

コルカタの空港もライフルを持った軍人の方がずっと見回っていました。

あれに実弾入っていると思ったら怖いですが、そんな人に守られていると思うと安心して寝ることができました。

空港泊の必需品は?

南京、ロンドン、台湾、マイアミなど色々なところで空港泊をしているぼくの考える空港泊の必需品は以下です。

  • パーカー
  • 帽子とかアイマスク
  • イヤホンとか耳栓になるもの

①パーカーとか羽織れる上着

夜とか寝ている時って思ったより冷えます。特に、湿度が低い地域とかだと昼と夜の気温差は大きくなります。

寝る時に毛布代わりにできる上着があるといいですね。

②かばんを開かなくする鍵と固定する鍵

バックパッカーなら必ず持っていると思う、メインのバックパックを施錠するための鍵と

そのほかにワイヤー状の鍵があると便利です。

かばんの取っ手をベンチにくっつけることができます。

③帽子とかアイマスクとか光を遮断できるもの

空港は夜でも明るいので、光を遮断できるものが必要になります。

個人的には、アイマスクでは完全に「寝てます」雰囲気がでるので、泥棒に合いやすいきがしてます。

だからぼくはいつも帽子を顔にかぶせて寝てます。

④イヤホンとか耳栓になるもの

夜でもたくさんの人がいる空港で寝るには音を遮断することも重要です。

日本の空港はたくさん人がいても夜は静かかもしれませんが、海外でもその常識や文化が通用するとは思わない方がいいです。

おすすめは、カナル型のイヤホンです。

ぼくはいつもそれで音楽を聴いて日本を思い出しながら寝ています。笑

気になったところは?

コルカタの空港で空港泊するにあたって、良かった点、悪かった点です。

電源が使える。

コルカタの空港はほかの空港よりも電源が多い気がしました。

ぼくの場合は寝ていた椅子とコンセントが近かったため、電源を使用することができました。

iphoneをぎゅっと握りしめながら充電することで、盗まれずに寝ながら充電することに成功しました。笑

めちゃくちゃ蚊がいる

病気になるかと思いました。笑

寝てても蚊に刺されて何回も目が覚めます。

虫除けスプレー持っていけたら持っていった方がいいです。

まとめ

格安航空だと、深夜に現地に到着することが多いです。

暗いうちに知らない街に出るのはかなり危険ですので、空港泊も視野に入れてみてはどうでしょうか。

少なくとも、コルカタの空港は安心して空港泊ができます。

空港泊は危険?否。空港泊が安全な理由と空港泊の方法
空港泊は危険だという話をよく聞きます。 確かに空港にはパーソナルなスペースはトイレの個室くらいしかありません。 でもだか...

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1