【インド】カルカッタの外国人窓口での列車の切符の買い方

kolkata_ticket

インド国内の移動で避けては通ることのできない移動手段、鉄道。

今回はカルカッタ(コルカタ)の外国人窓口の位置と、列車の切符の買い方を紹介します。

ちなみにこれはコルカタからバラナシまで列車で移動したダイジェストです。

スポンサーリンク
1

インドの鉄道は外国人枠、外国人料金がある

インドの列車には外国人料金なるものがあり、インド人料金よりも割安な時があるそうです。

また、切符もインド人用、外国人用、緊急用などといくつかの種類があります。

外国人観光客でもインド人用の切符を買うことはできますが、手に入りにくいこともあり、基本的に外国人は外国人観光客用の切符を買ったほうがよいでしょう。

カルカッタの外国人チケットカウンターの位置

カルカッタで外国人用の切符を手に入れることができるのは、カルカッタの中央駅、ではありません。

カルカッタの中央駅から歩いて40分もしくは船で川を渡って20分程の距離の場所にある分かりにくい建物がチケットカウンターです。

住所:4, Fairlie Pl, Fairley Place, BBD Bagh, Kolkata, West Bengal 700001 インド

ぼくは中央駅で切符が買えると思っていたたので、中央駅に行ったのですが買えなかったため、その辺の人に道を訪ねながら、全く道が分からない中を1時間近く歩き続けました。笑

そんな人がいたらぼくのように迷ってほしくないので道順を書いておきます。

ぼくは1時間近く歩き続けたのに実は30分も掛からずに行けちゃうんですね。笑

初めて知った。

駅から歩くと、まず駅の目の前に見える大きな橋を渡ります。

橋を渡ったら道に沿って右に曲がります。

あとは川に沿ってずーっとまっすぐ。

大きな道が左に続いているところがありますが、その道には引っ張られないように注意しましょう。

チケットカウンターが近づいてきたら、この辺かなーってところで、左に曲がれる通りがあったら毎回通りをじっくり見ます。

そうするとあるところで外国人が多い通りがあるのでそこで曲がって20メートルも行けば、

通りの右側にめちゃくちゃ大きいライフルを持った軍人さんが警備している外国人オフィスがあります。

インドの鉄道のチケットの買い方(カルカッタ編)

  1. チケットの申込書をもらう
  2. 時刻表を見ながら乗りたい列車についての申込書を書く
  3. 申込書に書いてある番号が呼ばれるのを待つ
  4. 呼ばれたら窓口に出向いて購入

①チケットの申込書をもらう

IMG_1746

まずこの申込書を受け取ることができない人が多いです。

この申込書はカウンターに積み重ねて置いてあるのですが、自分から取りにいかないともらえません。

図々しくてもいいので、カウンターにいる職員の人に申込書はどこにあるか確認しにいきましょう。

「Can I get this document?」とか「Where is documents?」とか言っとけば通じると思います。

みんなが待っているから待つとかやってると永遠に待ち続けることになります。

待っている人はみんな申込書への記入を終えた人たちです。

ぼくが行った時もなにも行動せずに待ち続けている人が何人かいました。。。

②時刻表を見ながら乗りたい列車についての申込書を書く

IMG_1748

時刻表もそのへんにあるので、周りの人に聞けばそこにあるよーって教えてくれます。

鉛筆でも借りながら見方も教えてもらって乗りたい列車を探してください。

列車ごとに番号があるので、その番号やパスポート番号などを記入します。

③申込書に書いてある番号が呼ばれるのを待つ

記入が終わったら、自分の番号が呼ばれるのを待ちます。

番号は申込書に手書きで書かれています。

④呼ばれたら窓口に出向いて購入

IMG_1750

自分の番号が呼ばれたらカウンターに行って申込書を職員に渡します。

列車の日時や座席のクラスを確認した後、チケットが発券されます。

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1