【モロッコ】サハラ砂漠の入り口、メルズーガの宿は「マムーシュ」で決まり。〜砂漠ツアーだけじゃない、快適滞在記〜

IMG_4488

モロッコを訪れたら必ず行きたいのが「サハラ砂漠」ですよね。

そんなサハラ砂漠ツアーの拠点となるのが「メルズーガ」という小さな村です。

メルズーガには「マムーシュ」という日本人バックパッカーに格安で砂漠ツアーを提供してくれる宿があります。

今回はマムーシュをおすすめする理由ととメルズーガ滞在記をお伝えします。

スポンサーリンク
1

メルズーガとは

CIMG0893

メルズーガはモロッコの南東に位置していて、旅人や旅行者にとってはサハラ砂漠の入口の街となります。

メルズーガの街のすぐ近くにはサハラ砂漠が迫っていて、

この街から多くのサハラ砂漠ツアーが出ています。

マムーシュとは

IMG_8175

マムーシュはメルズーガにある5つ星ホテルです。

マムーシュは5つ星ホテルであるにもかかわらず、なんやかんや日本に縁があるそうで、

日本人には格安価格で宿泊と砂漠ツアーを提供してくれます。

5つ星ホテルに格安で泊まれる、そんなバックパッカーにとっては夢のような宿がリヤドマムーシュです。

マムーシュをお勧めする理由

CIMG0892

1.スタッフが楽しい

マムーシュのスタッフはエンターテイナーぞろいです。

宿泊している僕たちのことを覚えてくれていて、ホテルの中でも、街の中でもどこでも会うたびに声をかけてくれます。

しかも日本語を話せる人も多く、サハラ砂漠ツアーや、これからの旅についても相談がしやすいです。

2.格安価格

1泊たったの200DHです。

これを読んで200DHって安くないやんって思われた人もいると思います。

確かにバックパッカーの宿代としては高いかもしれませんが、

5つ星ホテルに200DHで泊まれるなら一度泊まってみようという気になりませんか。

ちなみに朝夕の2食付きです。

3.ごはんが豪華、しかもおいしい

tajin_8

マムーシュは昼夜の2食付きです。

夜はスープやタジンなどのモロッコ料理をお腹いっぱいになるまで楽しむことができます。

そして朝は、モロッコ定番の丸いパンか、こちらもモロッコ定番の「ムスンメン」にたくさんの種類のジャムがついて、全て食べ放題です。

【モロッコ】朝食の定番はこれ!モロッコのクレープ「ムスンメン」と「ミントティー」
白ご飯にみそ汁あとシャケっていうのは日本の朝食の定番ですよね。 こんな風にモロッコにも朝食の定番があります。 今回はモロ...

4.アクティビティが豊富

CIMG0912

砂漠ツアーは言うまでもなく、マムーシュではいろいろな体験ができます。

・定番1泊2日砂漠ツアー

夕方に宿を出てラクダでサハラ砂漠を移動、サハラ砂漠で1泊して朝に帰るツアーです。

サンセットもサンライズも楽しむことができるだけでも満足なのに、

それに加えて満点超えの星空と、モロカンミュージックを楽しむことができます。

これだけついて価格が350DHですから驚きです。

ぼくもこれに参加しましたが、完全に「お値段以上」でした。

・サンセット/サンライズツアー

サンセットやサンライズだけを見に行くツアーです。

「サハラ砂漠は楽しみたいけど時間がない」なんて人にはぴったりだと思います。

価格はとちらも150DH。

・4WD砂漠一周ツアー

4WD車に乗って、メルズーガの周りのサハラ砂漠をぐるーっと回るツアーです。

近くの村や、ノマドのテントも訪れることができます。

価格は1000DH/1台です。

1台には6人まで乗ることができます。

マムーシュの設備

CIMG0894

共同トイレ

バックパッカープランで宿泊すると、共同トイレになります。

でも共同トイレといってもその綺麗さはさすが5つ星ホテルです。

砂漠の中にいることを忘れてしまうような綺麗なトイレです。

共同シャワー

当然シャワーも共同なのですが、こちらもトイレと同様めちゃくちゃ綺麗です。

当然お湯が出ますし水圧も申し分なし。

プール

マムーシュにはなんとプールがあります。

しかも誰でもいつでも泳いでおっけー。めちゃくちゃ気持ちいいです。

ぼくは砂漠帰りにひと泳ぎしていました。

物干し竿

屋上には物干し竿があります。

日差しが強くて乾燥した砂漠地帯なので手洗いしたドボドボの洗濯物も半日あればパリッパリに乾きます。

洗濯サービス

洗濯物が溜まっていたら洗濯サービスを使うのも手です。

たしか有料だったと思いますが、これも5つ星レベルの洗濯サービスを受けることができるはずです。

ぼくは5つ星ホテルの洗面台で手洗いすることを選びましたが。笑

タオル付き

宿泊するとふわふわのバスタオルが1枚借りられます。

一度使っても放っておけばすぐに乾くので、

夜はシャワーで使って昼はプールで使ってと役に立ちます。

メルズーガのマムーシュ周辺情報

IMG_4165

メルズーガのバス停からマムーシュまでは歩いて15分もかからないくらいの距離なのですが、

その間にどのような施設があるのかを紹介します。

レストラン

レストランと呼べるほどのものではないですが、街の定食屋的なものは2軒見つけました。

モロッコサンドイッチが食べられます。お昼ご飯にいかがでしょうか。

お土産屋

雑貨やお土産を扱うお店は3軒ほどありました。

バブーシュやスカーフから、置物まで様々なものが置いてありました。

一緒にマムーシュに泊まっていた日本人の方達は砂漠用にスカーフとかを購入していました。

【モロッコ】モロッコ旅するなら10DHスカーフを買うべし!ターバンにもなる使い勝手の良さ。
モロッコといえば砂漠、砂漠といえばラクダ、ラクダといえばラクダに乗るターバン巻いた砂漠の民、ですね! ということで今回はぼくが...

コンビニ、スーパー

スーパーほど大きなお店は見つけられませんでしたが、

街のコンビニ的な小さな商店は2つほどありました。

飲み物やお菓子が買えます。

ぼくはここで一緒に砂漠に行く人たちと6リットルのペットボトル入りの水を買いました。

遊び場

IMG_4171

マムーシュの正面には砂漠が広がっています。

そしてその砂漠で遊べます。

何して遊ぶかはあなた次第。笑

【モロッコ】サハラ砂漠でサッカーしてきた。〜暑いし砂まみれやしボール変なとこいくしで大変〜
今回はサハラ砂漠でボールを蹴ってきた時のことを書きたいと思います。 ビーチでサッカーなんていうのは最近の流行りでもあるし、 ...

マムーシュの予約方法

ぼくはトドラの「のりこさんの家」でのりこさんに予約の電話を掛けてもらって予約しましたが、booking.comや公式ホームページからも予約ができるみたいです。

公式ホームページ:Riad Mamouche
booking.com:Riad Mamouche

公式ホームページからはメールか電話で、booking.comからはウェブで予約ができます。

バックパッカープランについては、公式ホームページか電話でないと予約できないかもしれません。確認してみてください。

マムーシュ滞在記

IMG_4137

ぼくがマムーシュに泊まった時の滞在記です。

サハラ砂漠ツアーは別です。

1.夜にメルズーガ到着

テネリールを午後に出発したため、陽の落ちた後にメルズーガにバスで到着しました。

バスがつくとマムーシュのスタッフの人が迎えに来てくれていて、そこから車で5分ほどでマムーシュに到着しました。

真っ暗な中だったので、迎えに来てくれていたことは大変ありがたかったです。

2.マムーシュでの晩御飯

IMG_4132

宿について荷物の整理とかがひと段落すると晩御飯でした。

晩御飯はスープから始まって、肉タジンや、クスクス料理など

おいしい料理が次々に運ばれて来て、めちゃくちゃ満足でした。

この日はそのまま就寝です。

3.砂漠ツアーの買い出し

メルズーガ2日目は夕方から1泊2日でサハラ砂漠ツアーに行くことになっていたので、

昼はサハラ砂漠のための買い出しに行きました。

メルズーガの街をぶらぶらして水や日よけのスカーフなどを買って歩きました。

お昼ご飯はメルズーガのローカルレストランで。

4.砂漠で遊ぶ

S__23617541

買い出しに行った後に時間が余ったので、マムーシュ近くの砂漠でサッカー。

気温40度、灼熱の中のサッカーもまた楽しいものです。笑

5.砂漠ツアー

IMG_4375

15時ごろから砂漠ツアーに出発。

帰ってくるのは次の日の朝です。

ちなみに砂漠ツアー中は砂漠ツアー代のみ払えばよくて、

マムーシュの宿泊料金は払う必要はありません。

6.朝ごはん

IMG_4390

砂漠ツアーから帰ってくると早速朝ごはんが用意されています。

パン食べ放題、ジャムとかマーガリンとかつけ放題、飲み物飲み放題の至れりつくせりリッチ朝ごはんです。

くれぐれもパンをくすねたりしないように。笑

7.のんびりタイム

IMG_4479

朝食が終わるとフェズ行きのバスの出る夕方までホテルでゆったりと過ごしました。

プールで泳いだり、これからの旅のプランを立てたり、近くに住んでる少年とボールを蹴ったり。

こういう時間を潰さないといけない時に5つ星ホテルだとゆったりと過ごせるからいいですね。

まとめ

マムーシュといえば砂漠ツアーが有名ですが、実はここの滞在自体もものすごくステキな時間です。

砂漠ツアーだけでなくマムーシュとメルズーガの街も楽しんでみてください。

【モロッコ旅まとめ】
モロッコのバックパッカー旅の旅行記を時系列に並べてまとめました。 旅行記更新の度に随時更新していきます。 【日程】 201...

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1