【モロッコ】朝食の定番はこれ!モロッコのクレープ「ムスンメン」と「ミントティー」

morroco_breakfast

白ご飯にみそ汁あとシャケっていうのは日本の朝食の定番ですよね。

こんな風にモロッコにも朝食の定番があります。

今回はモロッコの定番朝食で、1日元気に過ごせる素晴らしい食べ物と飲み物のセットを紹介します。

スポンサーリンク
1

モロッコの定番朝食セット

モロッコの朝食の定番はいくつかあるらしいのですが、その中でもリーズナブルかつおいしくて、1日を元気に過ごせるものを紹介します。

それは、ムスンメンと呼ばれるクレープのようなものとハーブティーのセットです。

ムスンメン(クレープみたいなの)

IMG_3683

ムスンメンとはクレープみたいな薄い生地の食べ物です。

クレープよりも少し分厚くカリカリしていて、香ばしい感じです。

これにハチミツやバター、チーズをつけて食べます。

ぼくはハチミツ味で食べることが多かった(ハチミツ味が一番安い)ですが、

香ばしい生地にハチミツの甘さがマッチして抜群に美味しいです。

IMG_3685

こんな感じで、店前で生地をこねこねして作っているところが多いので、見つけるのは簡単です。

これがだいたい5DH(55円くらい)で売っているので、ほぼ毎朝食べていました。

ハーブティー

IMG_3680

モロッコでは事あるごとに出てきます、ハーブティー。

日本でいう、誰かが訪ねて来たらお茶を出す習慣がモロッコではハーブティーらしく、モロッコでハーブティーはかなり文化に根ざした飲みものです。

ハーブティーは、砂糖がたくさん入っているため、1日のはじめに糖分を取って体を目覚めさせるのに抜群の効果を発揮します。

砂糖がたくさんと聞くと、甘ったるいのかと思いがちですが、

ハーブのおかげで甘ったるくなく、すっきりと飲みやすいです。

しかも温かいので、体を温めるのに最適です。

なんでこのセットがいいのか

IMG_3753

体が温まる

ムスンメンもハーブティーも温かいので、それらを食べたり飲んだりする事で朝から体を温めることができます。

朝に糖分を取るから元気になる

朝は血糖値が下がっている時が多いそうです。

そんな時に糖分を摂取することで、体を目覚めやすくすることができます。(個人的な考え)

まとめ

旅をしている時は、1日をいかに元気に過ごすかは大事なことです。

ムスンメンとハーブティーで朝から体を温めて楽しいモロッコの1日を送ってください。

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1