【モロッコ】メルズーガからの格安砂漠ツアーはホテルマムーシュで決まり!〜1泊2日の砂漠ツアーレポート〜

CIMG0912

モロッコに行く時に絶対行っておきたい場所はやっぱりサハラ砂漠ですよね。

今回はぼくが絶対お値段以上を保証する、「ホテルマムーシュのサハラ砂漠ツアー」を紹介します。

ホテルマムーシュとは

IMG_8175

「マムーシュ」はモロッコのサハラ砂漠の玄関口にあたる、

メルズーガという村にある5つ星ホテルです。

5つ星ホテルというと値段や格式など、バックパッカーにとっては敷居の高いイメージがありますが、

マムーシュは日本人限定のバックパッカー応援プランがあり、1泊200DHで宿泊することができます。

また、ここの砂漠ツアーは格安にもかかわらず、ものすごく満足できるので本当におすすめです。

【モロッコ】サハラ砂漠の入り口、メルズーガの宿は「マムーシュ」で決まり。〜砂漠ツアーだけじゃない、快適滞在記〜
モロッコを訪れたら必ず行きたいのが「サハラ砂漠」ですよね。 そんなサハラ砂漠ツアーの拠点となるのが「メルズーガ」という小さな村です。 ...

ホテルマムーシュの砂漠ツアー

IMG_4375

マムーシュでは「サンセット/サンライズツアー」と「1泊2日ツアー」の2種類の砂漠ツアーがありますが、

おすすめは1泊2日のツアーなので、今回は1泊2日ツアーについて紹介します。

スケジュール

IMG_8368

1泊2日の砂漠ツアーのスケジュールです。

何もない時間は基本的に自由時間で、何してても大丈夫です。

1日目

15時ごろ:マムーシュを出発

16時過ぎ:砂漠のテントに到着

19時ごろ:晩ごはん

20時ごろ:音楽フェス

22時ごろ:就寝

2日目

6時ごろ:日の出

8時ごろ:出発

9時過ぎ:マムーシュ到着、朝食

できること

CIMG0920

サハラ砂漠ツアーの途中でできるアクティビティについてまとめてみました。

ラクダに乗る

IMG_4270

砂漠の真ん中にあるテントまでは行きも帰りもラクダに乗って行きます。

片道だいたい1時間ちょいだった気がします。

サンセットを見る

IMG_9635

宿泊地のテントに到着するのが夕方なので、

荷物を整理したあとは砂漠に沈む太陽を眺めることができます。

サンドボード

オプションでサンドボードで遊ぶことができます。

たしか150DHくらいだったと思います。

モロッコ料理を楽しむ

tajin_9

晩ごはんは、タジンなどのモロッコ料理を楽しむことができます。

モロッコミュージックを楽しむ

晩御飯のあとは、焚き火を囲んで音楽を楽しみます。

マムーシュのスタッフがモロッコの民族楽器と歌で盛り上げてくれます。

満点の星空を楽しむ

IMG_4306

夜の空には今まで見たことないような数の星が輝いています。

砂漠に寝転がりながら夜空を眺めてロマンチックな感じになれます。

サンライズを見る

CIMG0959

朝早く起きることができれば、日の出を見ることができます。

価格

これだけできて気になる価格はたったの350DH/1人です。

マムーシュの砂漠ツアーをおすすめする理由

スタッフが楽しい

CIMG0900

とにかくマムーシュのスタッフの方はエンターテイナーばかりです。

どこでも歌ってますし、いつでも笑顔だからなんだかこっちまで楽しくなってしまします。

しかもみんな日本語がうまい。

基本的なやりとりは日本語でできるので初めての砂漠でも安心です。

仲間ができる

IMG_8365

日本人バックパッカー限定プランがあるだけあって、

砂漠ツアーに参加するのは日本人が多いです。

2日間、ラクダで隊列を組んで、同じ釜の飯を食って、隣で夕日を見ていたら嫌でも仲良くなっちゃいますね。

最高の景色

CIMG0908

360°どこを見ても永遠に続く砂漠しかないというあの光景は、

一生に何度も見ることができる景色ではないと思います。

特に、日の出や日の入りは言葉なくすほどに美しいです。

夜の音楽フェス

晩ごはんのあとに砂漠で焚き火を囲んで音楽を楽しむ時間はけっこう盛り上がります。

モロッコの民族楽器に合わせて日本の歌も歌いながら、一緒に行った人との仲も深めることができます。

トイレ付き

マムーシュ以外の砂漠ツアーではトイレのないツアーもあるそうです。

でもマムーシュの砂漠ツアーはきれいとは言えないもののトイレが付いています。

持ち物

IMG_1500

砂漠ツアーに持って行くべきものをまとめました。

昼用の服

着て行く服のことです。

昼の気温は40度近くになるので半袖とかでもいいと思います。

でも、気温とともに日差しも強いので長袖でもいいかもしれません。

夜用の服

夜は急激に気温が下がります。

夜に外に出るなら暖かい服装を持って行くことをお勧めします。

ぼくは、上が長袖ヒートテック、長袖シャツ、パーカー、マウンテンパーカー、

下がユニクロチノパンにサッカーのピステを着ていましたが震えていました。笑

ツアーでは、基本的に飲み物は出てこないので、自分で持って行くことになります。

ぼくが行った時は、自分用の水以外に、ツアーの参加者共用ということで6Lとかの大きなペットボトルをみんなで買って持って行きました。

スカーフか帽子

昼の日差しは本当に強いため、日差しから身を守れるものを持って行くべきです。

安いスカーフを1枚持っていると、ターバンにもできて砂漠っぽいですよ。

【モロッコ】モロッコ旅するなら10DHスカーフを買うべし!ターバンにもなる使い勝手の良さ。
モロッコといえば砂漠、砂漠といえばラクダ、ラクダといえばラクダに乗るターバン巻いた砂漠の民、ですね! ということで今回はぼくが...

カメラ

IMG_4344

せっかく砂漠に行くならカメラで記録に残すのは必須です。

でもカメラやスマホといった精密機器は砂漠の砂にやられてしまうことがあります。

そのため砂から精密機器を守るために上の写真のように保護をして持って行きましょう。

お酒とコップ

IMG_3728

砂漠ツアーではお酒は出てきません。

砂漠で満点の夜空を見ながら一杯やりたい方はぜひ自分でお酒を買って持って行ってください。

ちなみにぼくは、ワルザザードでワインとビールを買っていて、それを持ち込みました。

あと、コップはペットボトルを切って作ると、軽くて使い捨てられるコップができますよ。

マムーシュへのアクセス

マムーシュへは、CTMやスープラトゥールのバス停から10分ほどで歩いていけます。

ただ、バスが夜に到着するとあたりは真っ暗なので迎えにきてもらった方がいいでしょう。

予約方法

IMG_4365

マムーシュと、砂漠ツアーの予約方法です。

マムーシュの予約方法

ぼくはトドラの「のりこさんの家」でのりこさんに予約の電話を掛けてもらって予約しましたが、booking.comや公式ホームページからも予約ができるみたいです。

公式ホームページ:Riad Mamouche
booking.com:Riad Mamouche

公式ホームページからはメールか電話で、booking.comからはウェブで予約ができます。

バックパッカープランについては、公式ホームページか電話でないと予約できないかもしれません。確認してみてください。

砂漠ツアーの予約方法

基本的にはツアー当日、もしくは前日に宿でスタッフに直接予約します。

事前予約しようと思えば電話やメールで受けてくれると思います。

 まとめ

モロッコに行ったら砂漠ツアーはぜひ参加してほしいです。

そのなかでもマムーシュの砂漠ツアーは群を抜いていると思うので騙されたと思って付いて行ってみてください。

【モロッコ旅まとめ】
モロッコのバックパッカー旅の旅行記を時系列に並べてまとめました。 旅行記更新の度に随時更新していきます。 【日程】 201...
The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1