【台湾】龍山寺近くの夜市「華西街觀光夜市」をうろうろ。〜行き方と雰囲気、治安〜

tipei_nightmarket

台湾のトランジットで17時から翌朝まで時間があったので、せっかくだから市街地まで行こうと思い、ぼく調べで夜だけ楽しめると思ったのが「夜市」です。

台北にはたくさんの夜市がありますが、そのなかでも「華西街觀光夜市」は台北中央駅からのアクセスも良く、時間がない時にサクッと行くのに適しています。

今回は、龍山寺近くの夜市「華西街觀光夜市」をうろうろした時に体験したことや感じた雰囲気、治安についてまとめます。

台北中央駅から華西街觀光夜市への行き方


台北中央駅から華西街觀光夜市までは地下鉄のMRTを使って行くと簡単です。

1.MRT板南線(ばんなんせん)に乗る

IMG_48080

台北中央駅のMRT乗り場で、青色の路線の板南線を探します。

IMG_4807

そして頂浦行きの列車に乗って2駅目の龍山寺駅でおります。

2.龍山寺から徒歩2分ほど

龍山寺駅を出れば、後は人の流れについていけば賑やかな通りにでます。

それが華西街觀光夜市です。

華西街觀光夜市の雰囲気と治安

賑やか、でもどこか暗さがある

IMG_4793

華西街觀光夜市は屋台もたくさんあり、たくさんの人が行き交っていてすごく賑やかです。

でもそんな中で平然と海賊版DVDが売っていたり、売春婦の人がいたりと、賑やかさの裏には闇がありそうな感じを受けました。

裏通りは入らない方がいいかも

メインストリートは危険な感じは全くありませんが、一本道を曲がって細い道や薄暗い道に入ると、なんだか危険な感じを受けます。

特に何があったわけではありませんが、直感的に、「あ、この人の少なさはやばいやつや」ってわかる感じです。行ってみればわかります。

華西街觀光夜市での心温まりエピソード

IMG_4801

華西街觀光夜市の雰囲気としては上のような感じでしたが、メインストリートを歩いていれば全然大丈夫です。

しかも優しい人もたくさんいます。

華西街觀光夜市で晩御飯を食べた時は、屋台のおばちゃんの優しさに触れました。

お金を掛けずに晩御飯を済ませたかったぼくは、豚足と白ご飯だけの晩御飯を食べていたのですが、

そこに屋台のおばちゃんがスープもサービスしてくれました。

一人でご飯を食べてた僕を不憫に思ったのかわかりませんが、

おばちゃんのスープの温かさは賑やかな華西街觀光夜市で一人ぼっちの寂しい僕の心に沁みました。

華西街觀光夜市で食べたもの

PC260212

とはいうものの、夜市を全く楽しんでいなかった訳ではありません。

かなり食べ歩きも楽しんだので、華西街觀光夜市で食べたものをまとめます。

中華ダレ焼きそば

IMG_4795

太めの麺に中華系のタレがたっぷりかかっていて美味しかったです。

大判焼き

IMG_4794

なんかあずきの色が薄くて、全体的に味も薄かったです。

日本の大判焼きより甘さ控えめ。

おでんみたいなの

IMG_4804

中国風おでんとでもいうんでしょうか、たくさんある屋台の中でここだけチェーン店的な雰囲気がありました。

ダシとタレの組み合わせがいい感じでした。

まとめ

華西街觀光夜市は台北中央駅から近く、ちょっと時間があるから夜市でも行ってみるかというときにぴったりです。

たくさんの屋台を食べ歩いて短い時間でも台湾を楽しんじゃいましょう。

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1