トランジット時に入国ってできるの?乗り換えの空港から出て観光する方法

P1070915

格安航空券探すとだいたいながーいトランジットがつきまとってきますよね。

早く目的地に着きたいのに乗り継ぎでそんなに長く待てへんってーって感じです。

でも、このながーいトランジットの時って、入国できるの知ってました?

トランジットの時に入国できたらなー、、でもできなかったら怖いからやめとこって思ってるそこのあなた!

乗り継ぎの時に入国、できます!

特に方法っていう方法もないけど、その方法と注意点を今から説明します。

スポンサーリンク
1

トランジット時に入国する方法

トランジット時でも、入国の方法は基本的には普通の入国時と何も変わりません。

①入国ゲートに向かう

普通のトランジット時は飛行機を降りたらTransferと書かれたサインを頼りに乗り換えゲートに向かいますが、

トランジットで入国するときは、Arrivalサインに沿って進んで入国審査に向かいます。

②入国審査

当然どこかの国に入国するためには入国審査があります。

普通の入国でもトランジット途中の入国でも、審査官に聞かれたことだけに答えるという点では全く同じです。

ただ、トランジット途中での入国の時は、「自分はトランジット途中で何時間後の次の便でこの国を離れる」と伝えると入国しやすくなると思います。

なぜなら、審査官が判断するのは、その国で私たちが問題を起こさないかどうかです。

長く滞在する人にビザが必要なのとは反対に、短い滞在の人にはあまり縛りがないのです。

トランジット時に出国する方法

これも基本的にはいつもと同じです。

①チケットを確認する

乗り継ぎの後の便のチケットを始めの空港で手に入れているなら、何もしなくていいです。

でももし手に入れられていないなら、カウンターに行ってチケットを発行してもらいましょう。

②荷物検査と出国審査

いつも飛行機に乗る時と同じように荷物検査と出国審査をします。

トランジット時に入国するときの注意点

ビザが必要な国かどうか

短期で入国するのにもビザが必要な国は、日本を出国する前か、もしくはその場で取得できるならその場でお金を払ってビザを取得する必要があります。

もし日本でしか取れない場合は入国できないので、事前にチェックしておくことをオススメします。

預けた荷物は出てこない

基本的にトランジット時はチェックインカウンターで預けた荷物は出てきません。

そのため、トランジット時は機内への持ち込み荷物だけで対応できるようにあらかじめ荷物を整理しておきましょう。

時間に余裕はある?

本当にトランジットで外に出て観光して帰ってくるだけの時間があるのかしっかりチェックしましょう。

出国審査、入国審査の時間、空港から市街地までの時間を加味して、余裕のあるスケジュールを立てましょう。

ぼくのトランジット入国経験

ぼくがトランジット時に入国したことがあるところは、台湾と上海、リスボンです。

台湾では屋台街でご飯だけ食べて、空港泊、そして翌日の早朝の飛行機に乗りました。

上海も市街地にでてぶらぶらして中華料理屋でご飯だけ食べました。

リスボンでは、朝について夜まで街中を観光していました。

こんな感じで、トランジットの時間の長さによって、何をするかを決めています。

まとめ

トランジット中に空港の外に出ることは思った以上に簡単なので、空港で乗り継ぎ便をじっと待つくらいなら絶対入国することに挑戦してみたほうがいいと思います。

その方が、たくさんの文化を見て、たくさんの人と触れ合えるし、何より、パスポートのスタンプがひとつ増えます。笑

ぜひこの記事を参考に、トランジット入国してみてください。

The following two tabs change content below.
@妄想バックパッカーのもむし。現在は会社勤めで旅ができないため、夢の中だけで旅を続けている。若いうちに旅をして生き方が変わった経験から若者が旅に出ることを後押しする。英語力ゼロ、コミュ障でも仲間のできる「得意×1人旅」を広めている。 夢は「@コミュ障バックパッカー」への返り咲き。【twitterフォローで更新情報配信中!】Follow @momushi3
スポンサーリンク
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1